猫に関する文書を読んでいると、「こねこ」を「小猫」「仔猫」「子猫」などの漢字で書くことがあります。

これ、どれで書いても、子供の猫っていう意味でしょ?と思いがちですが、実はそれぞれの漢字には意味の違いがあるんです。

まずは、小猫

これは、「子供の猫」という意味ではなく、「小さな猫」という意味です。

子供のときは、どの子も小さいのですが、大人になっても小さな猫

これが「小猫」です。

なので、メインクーンは、子供も大人も「小猫」ではありませんね。

 

これに対して、「子猫」「仔猫」は、子供の猫という意味です。

このうち、「」という文字は、「動物の子供」という意味があります。

仔牛仔犬などの文字を見たこともあると思います。

でも、仔供という書き方はしません。

にんべんが付いている「仔」は、人の子という意味ではなく、人に飼われている子という意味ですので、人間の子供には使いません

 

なので、うちで飼ってる猫の子なんです~という気持ちを表したいときには、仔猫と書くといいですね。