Chatileも、今、お花見の季節です。

庭の木々が次々と花咲かせ、今か今かとサクラの開花を待っています。
我が家に誕生した総勢16頭の新生仔猫たちも草木に負けずとぐんぐん大きく成長しています。
3週目も過ぎ、目も開きよちよちと可愛い姿が見られるようになりました。

Kittensのページで、16頭の可愛い子猫たちに逢ってみて下さい!

更にHAPPYな春です。4月下旬には2頭の母猫の出産があります。
CHATILEに満開の桜が咲きそうです。
どうぞお花見に来てください。

Chatileの猫たち

Chatileの猫たち

Chatileの猫たちは、日差しが降り注ぐ明るく清潔なお部屋で、のんびり、まったりと日々を過ごしています。

Chatileでは、ケージでの飼育はしておりません。ストレスの少ない環境を心掛けています。

生まれた仔猫たちも産室で、母猫と充分な時間を過ごした後、家の中を自由に遊びまわり、よく食べ、よく眠り、大人の猫や私達家族の愛情に包まれながら、のびのびと健やかなメインクーンに成長していきます。

当キャッテリーの仔猫に興味をお持ち頂けましたら、ぜひ会いに来てください。

猫たちはもちろん、育った環境を見にいらしてください。

お電話をいただくか、お問い合わせフォームからご予約の上、お越しください。

TEL 048-771-6661

やさしいご家族様、オーナー様からのお問い合わせをお持ちしております。

生体業者関係(ペットショップなど)の方、転売目的の方への譲渡はいたしておりません。

 

メインクーンの発祥と特徴

CIMG4422

古くは、ヨーロッパからアメリカ大陸に渡る商船の食料や物資をネズミから守るために船に乗せられてアメリカに渡り住み着いたといわれています。

その後メイン州の農家の作物のネズミ捕りをするために、ワーキングキャットとして飼われるようになりました。ふわふわのコートや大きさ、また水遊びが好きなどの特徴がアライグマ(クーン)に似ていることからメイン州のアライグマ、メインクーンと呼ばれるようになったといわれています。

大きな体、たくましい手足、遠くのかすかな音も聞き逃さない大きな耳とリンクスステップ、厳しい寒さにも耐えられる長毛、ワイルドな風貌、そして何よりこの風貌に似合わない可愛いなき声や優しくて従順でフレンドリーな性格は人々の心をとらえ、今日までずっと愛され続けてきました。